キャッシュバックキャンペーン

WiMAXと格安SIMの併用が向いている人は、月々のスマホ料金が高い人です。

加えて自宅で光回線を使っていて、WiMAXに切り替えることに不都合がなければ非常におすすめです。この2つを併用することにより、年間の通信費の大きな料金削減へと繋がります。

特に携帯電話を三大キャリアと契約していて、20GBを超えるような大容量プランを使っている人に良い方法です。

Web閲覧やテザリングなどで、毎月通信費を大幅に利用している場合に活用できます。上手くいけば月々2,000〜3,000円ほど節約できるため、年間で3〜4万円もの通信費を浮かせることができます。

格安SIMを提供している会社に契約する際、三大キャリアと解約をしなければなりません。

その際に違約金が発生するケースがほとんどですが、WiMAXと契約する際に
キャッシュバックのプランを利用できる場合もあります。

違約金や契約手数料で2万円前後支払わなければならないものの、新たに契約する際に3万円以上のキャッシュバックがあって、上手く相殺できるケースも少なくありません。

月々の利用料金を比較するのはもちろん、解約および契約の際の料金もしっかり把握して上手に乗り換えるのがポイントです。

併用する際の上手な活用法

単に2つの会社と契約すれば良いのではなく、利用する際にもコツがあります。格安SIMを利用する際、電話機能を中心に使います。

一方WiMAXに関しては、インターネットに接続する際に限定すると良いです。
速度が安定しており、動画サービスなどデータ容量を大幅に使う際にはWiMAXのルーターの方を使うようにしましょう。

電話やメール、メッセージ系アプリは格安SIMを利用します。たとえば格安SIMの会社の1つである楽天モバイルでは、毎月1GBまではデータ容量は無料です。

ちょっとWebサイトを閲覧したい、オンラインの音楽聞き放題サービスを少しだけ聴きたいという場合も、この無料の方を使うという方法も良いでしょう。

うっかりルーターの充電を忘れてしまった日の予備として、利用するという選択肢もあります。

自宅はもちろん、外出先でもWiFiを利用したいのであればWiMAXを利用するのが便利です。端末を2つ分持ち歩くことになりますが、月々の料金が抑えられる上に外出先でも快適にネットを活用できます。

携帯電話の基本料金とパケット代の合計の利用金額が、1ヶ月で6,000円を超えているのであればぜひ導入をおすすめします。

基本料金の格安

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)