2021年4月より、WiMAXの新プラン「WiMAX 5G」が提供されています。

これは、次世代通信規格である5Gに対応した新しいプランで、従来のWiMAX2+とauの4GLTE回線に加えてauの5G回線を利用した通信が可能です。

次世代通信規格

WiMAX2+との最大の違いは通信速度で、従来が下り最大440Mbps・上り最大75Mbpsだったのに対し、WiMAX 5Gは下り最大2.7Gbps・上り最大183Mbpsとなっています。

下り速度とはインターネットから自分の端末にデータ受信(ダウンロード)する際の速度、上り速度とは自分の端末からインターネットへデータ送信(アップロード)する際の速度を意味しています。

そのため、一般的なユーザーであれば下り速度の方が重要となりますが、WiMAX 5Gは従来の4倍ほどの下り速度が得られるので快適にインターネットを利用することが可能です。

また、3日間の容量制限も緩和されています。従来は3日間で10GB以上のデータ通信を行うと、翌日に回線が混雑した際に通信速度が1Mbpsに制限されますが、この制限が3日間で10GBから15GBへと緩和されました。

au回線を利用する「プラスエリアモード」の容量制限についても緩和されており、従来は月に7GB以上の利用で制限がかかっていましたが、これが15GBまで緩和されています。

WiMAX 5Gのデメリットについて

WiMAX 5Gは、従来よりも快適にインターネットを利用できるプランとなっていますが、月額費用が高いというデメリットがあります。

月額料金はプロバイダによって異なりますが、UQ WiMAXの場合は従来よりも550円高くなっています。

2年間利用した場合は13,200円もの差が生じるので、通信速度にこだわらない方や月額料金を少しでも安くしたい方は従来のプランの方がおすすめです。

端末代金が高いのもWiMAX 5Gのデメリットです。5Gの回線を利用するには、5G対応の端末を導入する必要がありますが、5G対応端末は従来の端末よりも高額になっています。WiMAX 5G対応の最新端末である「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」の価格は21,780円となっているので、初期費用が高額になってしまいます。

端末代金について

ただし、端末代が無料になるキャンペーンを実施しているプロバイダもあるので、そのようなプロバイダを選択すれば端末代の高さを気にする必要はありません。

また、日本政府は2023年度までに5Gの普及率を9割に引き上げることを表明していますが、現状では5Gを使えるエリアは限られています。

現状では都市部など一部のエリアでしか5G回線を使えないので、自身が居住している地域が5G対応エリアになっているか確認しておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)