WiMAXのモバイルルーターで一押しなのがSpeed Wi-Fi 5G X11です。

 

使いたい放題で3日間で10GBまでの容量があるために、長時間安定して
運用するにはSpeed Wi-Fi 5G X11のような機器が必要になります。

 

下り最大速度2.7Gbpsで上り最大速度183Mbpsと速度も申し分なく使え、
無線LAN2.4GHz/5GHzの帯域に対応しているので自宅のパソコンに対応
させて使うことも可能です。外出先で各種のデジタルガジェットを繋ぎ、
高速でインターネットを利用するのにぴったりの機器になります。

 

ホームルーター

 

スペックは4,000mAhバッテリーを内部に搭載しているために、WiMAXの通信
を約8時間連続稼働させることが可能です。

 

本体重量は174gと軽量になっており、気軽に持ち運んだり胸ポケットなどに
しまっておいても負担にはなりません。デジタル機器を複数運ぶ時には、
こうした軽量性や長時間駆動が重要な評価ポイントになります。

 

WiMAXはエリアによって5Gにも対応しており、追加のエントリープランを
申し込めばサービスを適用されるのです。現在は首都圏などの都市エリアが
中心でありますが、今後は拡大して現在の有線LANよりも速い5Gの通信を利用
出来るようになります。

WiMAXのホームルーターについて

Speed Wi-Fi 5G X11は外出先をメインに使うためのモバイルルーターであり、
自宅でも遜色なく使えることが特長です。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12はさらにWiMAX規格をホームルーター化するのに
便利な機能を搭載しており、工事不要でWi-Fi6の4ストリーム対応で複数の
機器を同時接続する機能を持っております。

 

またエリアによっては5G対応になり、4Gの約20倍と言う高速の通信を可能
にしてくれるのです。

 

現在主に使用されている無線LAN2.4GHz/5GHzの帯域に対応しており、汎用性の
高い接続が可能になっております。スマホアプリ対応なので簡単に設定を行え
るのも、ユーザーフレンドリーな使用となっているのです。

自宅用無線LAN

 

SIMカードを挿して電源を入れるだけで、すぐにインターネット接続が可能になっております。WPSやQRコード対応であり、4G5GWiMAXに対応しているのが特長です。

 

無線形式だけではなく有線LAN規格1000BASE-Tにも対応しているので、通常の自宅用無線LANのような使い方も出来ます。

 

最大接続は無線形式で20台と、ボリュームのある通信が可能なので小規模
オフィスでも活躍してくれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)