高品質かつ高速度の通信を利用できるWiMAXは昨今非常に需要があり、下り速度440Mbpsという非常に高速な通信速度を24時間安定して利用できる点が評価されています。

安定したネット回線

そのWiMAX機器と有線でつなぐとさらに安定した速度を保つことができますが、物理的につないでいるため献体が動いてしまうことも多くあり、そのためにクレードルというものがあります。

クレードルとは、小型で動きやすいWiMAX機器を安定させるための台の役割を果たします。
それと同時にクレードルと機器を接続することで、機器の充電を開始する機能を持っているものもあり、長時間通信を行う際に充電が心配な場合はクレードルが使用されるケースが多くあります。

さらに、クレードルとは通信回線の受信速度を上げる役割も果たす台でもあり、外出時あるいは自宅の環境で電波の問題から回線速度が安定しない場合などに、クレードルを用いることで受信環境を改善させることが可能です。

無線接続の場合は時間帯によって多くの人が回線を利用するため安定しないことがありますが、クレードルを使用することによって動画配信サービスの視聴などもストレスなく行える便利な台となっています。

クレードルの対応機器

クレードルに接続することによってWiMAX通信の安定化と充電などを同時に行うことができますが、昨今のWiMAX機器そのものの高性能化に伴って、クレードルを必要としないW06のような機器も登場してきているのが特徴です。

過去の機種は、電波干渉や電波の受信機器の性能が現在と比べて未熟だったこともあり、クレードルのような機器を利用して通信速度の安定化を図る必要がありました。

特に地方での運用は、電波の弱さも相まってクレードルは必須のオプションとされてきましたが、W06のような最新のWiMAX機器は、内臓されている受信装置の性能が段違いに高いため、クレードルに頼る必要が無くなったのが現状です。

これはW06などの通信機器のアンテナ感度の向上もありますが、過去と比べて地域的な通信環境が年々改善されていることも要因のひとつと言えるでしょう。

電波塔やそれに準ずる施設が地域でも数多くなってきたため、山間部を除いてどこでもインターネット通信が可能なほどインフラが整ったということでもあります。

ネット通信の改善

また、昨今のWiMAX通信機器は、内臓されているバッテリーも高性能であるため、充電台につながなくても長時間通信が可能になりました。