WiMAXを契約すると、電話番号が発行させるケースがあります。
すべてのケースで発行されるわけではなく、プロバイダによって発行されるケースと発行されないケースがあります。

また、契約時についてくる電話番号は「090」や「080」ではなく「070」で始まるという特徴がありますが、この番号は契約の形式上必要なものでしかありません。

ケータイを使う

WiMAXには電話機能は搭載されていないため、本来電話番号は不要です。
利用する場面があるとすれば、WiMAXルーターとauの携帯電話を併用することで割引が受けられる「auスマートバリューmine」に申し込むときくらいで、それ以外の使い道はありません。

では、利用者にとって特に意味をなさない電話番号がなぜ契約時に発行されるのかと言うと、それはプロバイダが契約者を管理しやすくするためです。

端末ごとに識別番号をつけておけば仕分けなどをする際に便利なので、プロバイダによっては契約者を管理するためのツールとして番号をつけています。
プロバイダの中には、識別番号をつけることなく端末を管理しているプロバイダもあるので、WiMAXを契約した際に電話番号がついてくるケースとついてこないケースがあるのです。

WiMAXの電話番号は通話やSMS認証には使えない

上記の通り、WiMAXを契約すると電話番号がついてくる場合がありますが、この電話番号では通話をすることができないとともに、SMS認証にも使えないので注意が必要です。

近年、スマホアプリやインターネット通販などでは、本人確認のためにSMS認証が使われるケースが増えていますが、WiMAXの電話番号はSMS認証にも対応していないので、この点についても念頭に置いておきましょう。

なお、架電したり受電したりするためには、別途通話機能がある回線を契約するのが基本ですが、月額費用を抑えたいのであればインターネット回線を使ったIP電話で通話するのがおすすめです。

費用を抑える

IP電話であれば、携帯電話会社と契約していない端末でも、WiFiに接続することで通話をすることができます。
端末をWiFiに接続してIP電話で通話する方法はいくつかありますが、SkypeやLINEなどの通話アプリを活用すれば、基本的に同じアプリ同士であれば無料で通話することが可能です。

ただし、WiFiに接続してIP電話で通話すると、バッテリーを大量に消費するので、外出先で利用する際はモバイルバッテリーを携帯しておいた方が安心です。
また、IP電話は警察や消防などの緊急電話にかけることができないので注意が必要です。