WiMAX+5Gへの乗り換えがお得になるパターンについて

GMOのWiMAX2+を利用しているのであれば、WiMAX+5Gへの乗り換えはお得です。WiMAX2+のプランであるとくとくBBは、乗り換え時に高額キャッシュバックキャンペーンの肝である最大3万円のバックを活用することで、お得に利用できるという訳です。

 

ただこのキャッシュバックは、契約から12ヶ月目に支払われるので時期を間違えないようにしましょう。

 

回線が悪い

手続きを行うのは申し込んだ月を含めて11ヶ月後から12ヶ月目の末日までであり、手続きを完了させることで12〜13ヶ月目に振り込まれます。WiMAX2+ではなく、通常のWiMAXのプランから乗り換えると事務手数料や違約金の関係でお得にならない場合が多いため注意が必要です。

 

BroadやUQなどは、契約してから2年間にわたって縛りが発生しています。25ヶ月目や37ヶ月目(3年)といったように、各社ごとに解約のタイミングが異なるため注意しましょう。

 

現在使用しているのがカシモである方に関しても同様に、25ヶ月目以降の方が違約金も1万円程度に抑えられるため、時期を見て解約・乗り換えるようにするのがポイントです。乗り換え先の候補としては、月額が4,000〜4,500円ほどで抑えられるカシモ・GMO、Visionあたりがおすすめです。

WiMAXの乗り換えの際の注意点

WiMAX+5Gの専用端末へと乗り換える際、注意したい点として挙げられるのが他社違約金負担キャンペーンがない点です。

 

以前はGMO・Broadなどのプロバイダが、他社のWiMAXを解約する時に発生する違約金を肩代わりしてくれるキャンペーンが存在していました。

 

ただこれはWiMAXから2+へと変更する時限定であり、5Gへの切り替え時は使えません。現在の2+を解約する際の違約金に関しては、自己負担になる点をよく覚えておきましょう。

 

なお他社へと乗り換えず機種変更にした場合、プロバイダが定める契約期間がリセットされる点にも注意したいです。多くのプロバイダは基本的に3年であり、UQおよびauだけ2年契約と覚えておけば良いです。

 

また5Gは2+よりも500円ほど料金が値上がりしてしまうものの、その分通信の快適性が大幅に向上するという点も頭に置いておきましょう。

 

ラクラク回線

プラスエリアモードが有料になる可能性がある点も、注目しておきたいポイントです。スタンダードモードでは電波が心許ない時に活躍するモードで、山間部や地下でも繋がる回線を利用しています。

 

繋がりにくい時や旅行に出かけた時に真価を発揮するモードであり、プロバイダによっては無料で提供しているためしっかり調べて契約することが大切です。

 

定額モバイル回線のwimaxについて

WiMaxの回線について

wimaxは定額のモバイル通信回線であり、3日間で10GBまで使える大容量のデータ通信になります。

実質的な上限に達すると速度が遅くなりますが、時間が経過するとまた元の状態に戻ることが特徴です。

周波数帯域は通常の4Gと同じであり5GHzや2.4GHzの周波数を使っております。
混雑度によっては速度の変化が大きく、データー容量の理論値よりも低い速度になってしまうのです。

屋内の電波状況が弱い場所ではつながりにくいと言われておりますが、ホーム
ルーターなどを使うことで安定して接続をすることが可能になります。

逆にエリアによっては5G対応などもあり、従来のプランに課金することで4Gの
約20倍の通信速度でインターネットを利用することが出来るのです。

wimaxは自宅で有線LANが使えないなど、光回線がない場所でも同等の通信を実現
するためのモバイル回線を提供する目的で事業が行われております。

さらにこれからの5Gエリアの拡大などを見据えて、会員数を増加させていっているのです。wimaxは5Gだけではなく6Gなどの、さらに進化したモバイル通信にも対応してゆくことが発表されております。大手キャリアの傘下だけあって、意欲的な事業展開をしているのです。

wimaxならばエリアをチェックするのがおすすめ

wimaxの一番の利点と言えば、モバイル通信回線でも速度が高く安定していることです。とくにプラスエリアモードなどでは、通常の4Gよりも速い速度を体験出来ます。

首都圏などでは4Gを越えた5Gの回線対応がされており、場合によっては有線LANよりも速いスピードでインターネットを楽しむことが出来るのです。

プラチナバンドはMVNO回線と大手キャリア回線の周波数帯を使えるサービスになります。繋がりにくい時間帯や場所でも、二つの帯域で接続を試すことが出来るので安定感が高いことが特徴です。プラチナバンド以外のエリア場所では、従来の接続のみが対応します。

wimaxを使うのならばこうした受信エリアのチェックを事前にしておくことがおすすめです。5G回線でサクサクとインターネット環境を使いたいと思っていても、電波が届かない地域に住んでいては意味がありません。せっかくの大容量通信も使えないからです。

また、場所によってはプラスエリアモードに該当し、通常の3割増しなどの速度を着たい出来ます。プロバイダが現在のエリア情報を公表しているので、エリアに住んでいたり職場があるなどを把握して乗り換えをすれば満足のゆく使用感を感じられるのです。

WiMaxの通信回線