通信の仕組みと通信制限について

WiMAXもテザリングも無線通信を利用してインターネット接続をする方法なので、根本的な仕組み自体は一緒です。WiMAXは別途プロバイダー契約も必要で、WiMAXの回線を通じて接続するのに対し、テザリングはスマートフォンをモバイルwi-fi代わりにし、各社携帯会社の回線を通じてインターネットに接続します。

接続が早い

 

携帯会社によっては別途オプション契約が必要なケースもあります。契約次第で1か月に通信制限なしで利用できるデータ使用料に違いがありますが、動画や大容量のファイルの送受信をしているとすぐに通信量を使い果たしてしまうこともあるので、気づかない間に高額請求になったり通信制限がかかる可能性があります。

 

その場合スマートフォンで普通に通信をしたいと思った時も制限がかかったままになるので、解除されるのを待つか容量を追加して速度を回復するしかありません。

 

WiMAXの場合も契約内容によっては月に利用できるデータ量に制限があり、短期間での大容量通信でも規制がかかります。最近のプランでは1か月に利用できるデータ量に制限がありませんので、長時間の利用や大きなファイルのやり取りをする場合はWiMAXを使ったほうが安心です。

通信速度と周波数の違い

スマートフォンからインターネットの間はLTEや5Gで接続することになりますが、利用している場所によって速度は大きく変わります。場所によって37.5Mbps、75Mbps、100Mbpsのいずれかの速度になります。

 

それとは別にテザリングしているスマートフォンと接続端末との間でも通信が発生しており、wi-fiでつなぐかBluetoothでつなぐかによって速度が違います。wi-fiは消費電力が大きい反面速度も速く、電波も遠くまで飛びます。一方Bluetoothでは速度は遅いのですが、消費電力が少ないのがメリットです。

テザリングスマートフォン

 

WiMAXと端末の間はwi-fiで接続することになりますが、wi-fiの周波数帯は2.4GHzと5Ghzから選ぶことができます。

 

2.4Ghzは遠くまで電波が届く反面速度が遅く電化製品の影響を受け、5Ghzは壁などの障害物の影響を受けて電波が遠くまで届かない反面、通信速度が速く家電の影響も受けにくいです。

 

提供されているサービスの速度がいくら早くても、機器の間が遅いとそれ以上の速度が出なくなります。利用環境に合わせて適切な周波数帯を選ぶようにしましょう。速度が出ない場合はルーターの位置を変えるなどの手段も有効です。

定額モバイル回線のwimaxについて

WiMaxの回線について

wimaxは定額のモバイル通信回線であり、3日間で10GBまで使える大容量のデータ通信になります。

実質的な上限に達すると速度が遅くなりますが、時間が経過するとまた元の状態に戻ることが特徴です。

周波数帯域は通常の4Gと同じであり5GHzや2.4GHzの周波数を使っております。
混雑度によっては速度の変化が大きく、データー容量の理論値よりも低い速度になってしまうのです。

屋内の電波状況が弱い場所ではつながりにくいと言われておりますが、ホーム
ルーターなどを使うことで安定して接続をすることが可能になります。

逆にエリアによっては5G対応などもあり、従来のプランに課金することで4Gの
約20倍の通信速度でインターネットを利用することが出来るのです。

wimaxは自宅で有線LANが使えないなど、光回線がない場所でも同等の通信を実現
するためのモバイル回線を提供する目的で事業が行われております。

さらにこれからの5Gエリアの拡大などを見据えて、会員数を増加させていっているのです。wimaxは5Gだけではなく6Gなどの、さらに進化したモバイル通信にも対応してゆくことが発表されております。大手キャリアの傘下だけあって、意欲的な事業展開をしているのです。

wimaxならばエリアをチェックするのがおすすめ

wimaxの一番の利点と言えば、モバイル通信回線でも速度が高く安定していることです。とくにプラスエリアモードなどでは、通常の4Gよりも速い速度を体験出来ます。

首都圏などでは4Gを越えた5Gの回線対応がされており、場合によっては有線LANよりも速いスピードでインターネットを楽しむことが出来るのです。

プラチナバンドはMVNO回線と大手キャリア回線の周波数帯を使えるサービスになります。繋がりにくい時間帯や場所でも、二つの帯域で接続を試すことが出来るので安定感が高いことが特徴です。プラチナバンド以外のエリア場所では、従来の接続のみが対応します。

wimaxを使うのならばこうした受信エリアのチェックを事前にしておくことがおすすめです。5G回線でサクサクとインターネット環境を使いたいと思っていても、電波が届かない地域に住んでいては意味がありません。せっかくの大容量通信も使えないからです。

また、場所によってはプラスエリアモードに該当し、通常の3割増しなどの速度を着たい出来ます。プロバイダが現在のエリア情報を公表しているので、エリアに住んでいたり職場があるなどを把握して乗り換えをすれば満足のゆく使用感を感じられるのです。

WiMaxの通信回線