WiMAX+5Gへの乗り換えがお得になるパターンについて

GMOのWiMAX2+を利用しているのであれば、WiMAX+5Gへの乗り換えはお得です。WiMAX2+のプランであるとくとくBBは、乗り換え時に高額キャッシュバックキャンペーンの肝である最大3万円のバックを活用することで、お得に利用できるという訳です。

 

ただこのキャッシュバックは、契約から12ヶ月目に支払われるので時期を間違えないようにしましょう。

 

回線が悪い

手続きを行うのは申し込んだ月を含めて11ヶ月後から12ヶ月目の末日までであり、手続きを完了させることで12〜13ヶ月目に振り込まれます。WiMAX2+ではなく、通常のWiMAXのプランから乗り換えると事務手数料や違約金の関係でお得にならない場合が多いため注意が必要です。

 

BroadやUQなどは、契約してから2年間にわたって縛りが発生しています。25ヶ月目や37ヶ月目(3年)といったように、各社ごとに解約のタイミングが異なるため注意しましょう。

 

現在使用しているのがカシモである方に関しても同様に、25ヶ月目以降の方が違約金も1万円程度に抑えられるため、時期を見て解約・乗り換えるようにするのがポイントです。乗り換え先の候補としては、月額が4,000〜4,500円ほどで抑えられるカシモ・GMO、Visionあたりがおすすめです。

WiMAXの乗り換えの際の注意点

WiMAX+5Gの専用端末へと乗り換える際、注意したい点として挙げられるのが他社違約金負担キャンペーンがない点です。

 

以前はGMO・Broadなどのプロバイダが、他社のWiMAXを解約する時に発生する違約金を肩代わりしてくれるキャンペーンが存在していました。

 

ただこれはWiMAXから2+へと変更する時限定であり、5Gへの切り替え時は使えません。現在の2+を解約する際の違約金に関しては、自己負担になる点をよく覚えておきましょう。

 

なお他社へと乗り換えず機種変更にした場合、プロバイダが定める契約期間がリセットされる点にも注意したいです。多くのプロバイダは基本的に3年であり、UQおよびauだけ2年契約と覚えておけば良いです。

 

また5Gは2+よりも500円ほど料金が値上がりしてしまうものの、その分通信の快適性が大幅に向上するという点も頭に置いておきましょう。

 

ラクラク回線

プラスエリアモードが有料になる可能性がある点も、注目しておきたいポイントです。スタンダードモードでは電波が心許ない時に活躍するモードで、山間部や地下でも繋がる回線を利用しています。

 

繋がりにくい時や旅行に出かけた時に真価を発揮するモードであり、プロバイダによっては無料で提供しているためしっかり調べて契約することが大切です。