定額モバイル回線のwimaxについて

WiMaxの回線について

wimaxは定額のモバイル通信回線であり、3日間で10GBまで使える大容量のデータ通信になります。

実質的な上限に達すると速度が遅くなりますが、時間が経過するとまた元の状態に戻ることが特徴です。

周波数帯域は通常の4Gと同じであり5GHzや2.4GHzの周波数を使っております。
混雑度によっては速度の変化が大きく、データー容量の理論値よりも低い速度になってしまうのです。

屋内の電波状況が弱い場所ではつながりにくいと言われておりますが、ホーム
ルーターなどを使うことで安定して接続をすることが可能になります。

逆にエリアによっては5G対応などもあり、従来のプランに課金することで4Gの
約20倍の通信速度でインターネットを利用することが出来るのです。

wimaxは自宅で有線LANが使えないなど、光回線がない場所でも同等の通信を実現
するためのモバイル回線を提供する目的で事業が行われております。

さらにこれからの5Gエリアの拡大などを見据えて、会員数を増加させていっているのです。wimaxは5Gだけではなく6Gなどの、さらに進化したモバイル通信にも対応してゆくことが発表されております。大手キャリアの傘下だけあって、意欲的な事業展開をしているのです。

wimaxならばエリアをチェックするのがおすすめ

wimaxの一番の利点と言えば、モバイル通信回線でも速度が高く安定していることです。とくにプラスエリアモードなどでは、通常の4Gよりも速い速度を体験出来ます。

首都圏などでは4Gを越えた5Gの回線対応がされており、場合によっては有線LANよりも速いスピードでインターネットを楽しむことが出来るのです。

プラチナバンドはMVNO回線と大手キャリア回線の周波数帯を使えるサービスになります。繋がりにくい時間帯や場所でも、二つの帯域で接続を試すことが出来るので安定感が高いことが特徴です。プラチナバンド以外のエリア場所では、従来の接続のみが対応します。

wimaxを使うのならばこうした受信エリアのチェックを事前にしておくことがおすすめです。5G回線でサクサクとインターネット環境を使いたいと思っていても、電波が届かない地域に住んでいては意味がありません。せっかくの大容量通信も使えないからです。

また、場所によってはプラスエリアモードに該当し、通常の3割増しなどの速度を着たい出来ます。プロバイダが現在のエリア情報を公表しているので、エリアに住んでいたり職場があるなどを把握して乗り換えをすれば満足のゆく使用感を感じられるのです。

WiMaxの通信回線

これからのモバイル回線と注目の通信サービス

各種の有線インターネットサービスは近年光ファイバー化が進み、
以前に比べて大容量の通信をスピード感を持って行えるようになりました。

コンテンツも充実してきており、最新の映画をインターネットでレンタルして視聴する流れも定着し、遅延もほとんど発生しません。

ネットで動画を観る

さらに回線の向上を目指した契約もあり、通常の使用ならば
ストレスを感じずに利用が出来るレベルまで通信環境は上昇しております。

無線のモバイル回線も話題になっており5Gなどの新しい技術がエリア限定で導入されたり、
もう一段階レベルの上がった6Gなどもすでに試験運用されているなど
有線に負けない進化をしているのがモバイル回線の特徴です。

これから先は使い分けで通信プランを考える時代になりました。
集合住宅などはLANの設備がされていないことも少なくなく、
工事許可もおりないことも珍しくはありません。

その場合にはスマートフォンなどのキャリア回線を使うのが一般的ですが、
現在は前述したようなモバイルの通信回線でルーター契約をすることも一般的になりました。

代表例が大手のキャリア子会社が展開するwimaxなどになり、
安定した速度で使いたい放題のプランが人気になっております。

WiMAX +5Gのホームルーター化

wimaxは大手キャリア子会社のモバイル通信契約の一種で、
MVNOとしてルーター接続のサービスを展開しております。

スマートフォン接続よりも大容量の通信が可能であり、
スマートフォン側からの設定をすればルーターと接続して
安定した通信を行うことが出来るのです。

ゲームをしたり動画を視聴する機会が多いならば、こうしたルーター契約を結べば
安定した速度で利用が可能なだけではなく、通信費の節約になるケースも少なくありません。

通信費の節約

wimaxにはさらに上位グレードのWiMAX +5Gがあり、話題の5G回線を使い
有線に迫る速度でデーター通信が可能になります。

地域による制限などがありますが、対応エリアは順次拡大されていっているのです。
対応したエリアならばWiMAX +5Gを使えば、ホームルーターとしても
使えるだけの性能をモバイルルーターで享受することが可能になります。

現在はパソコンとモバイル機器を併用している人は多くおりますが、
これからの時代はモバイルシステムの方に注力されることが予想されているのです。

仕事用にはモバイルパソコンなどを使い、プレゼンなどではタブレットを使います。
現在よりもシームレスでインターネット環境が整うので、クラウドを活用しながら仕事の幅も広がるのです。

加入したほうがいい人は

WiMAXの「安心サポート」は、機器が故障した際に無償で修理をしてくれる保証のことであり、
故障時の自己負担金(1万円~2万円程度)を負担しなくて済みます。

料金はプロバイダごとに違っており、月額300円~550円となっています。
そして加入は、WiMAXの申し込み時のみとなっていますが、途中で解約することも可能です。

通信費用がかかる

加入したほうがいい人は、「水濡れの故障や落下による破損の心配がある人」だと言えます。
WiMAXを持ち運んで、頻繁に取り出すことがある場合は、故障や破損をさせてしまうリスクが高くなります。

特に子どもに持たせる場合は、うっかり落としてしまうことも多くなると考えられるので、
加入しておいたほうがいいかもしれません。

さらに、このサービスは「メーカー保証の期間後も安心して使いたい人」にもおすすめです。
WiMAXには1年間のメーカー保証があるため、機器の内部故障であれば保証を受けることができます。

しかし期間を過ぎた後や、内部故障以外の場合は保証を受けることが出来ません。
ですので、期間に関係なくより充実した保証を受けたい場合は、有料であったとしても
このサービスに加入しておいたほうが何かと安心できるのではないでしょうか。

加入する必要がない人は

WiMAXの「安心サポート」に加入する必要がない人は、「特に壊してしまうような使い方をしない人」です。
携帯型のモバイルWi-Fiルーターは、一般的にスマートフォンのように頻繁に取り出して使うものではありません。

持ち運ぶ場合でも、電波が受信できればいいだけので、カバンの中などに入れたまま使うケースが多いのではないでしょうか。
こうした普通の使い方をするのであれば、WiMAXが壊れるリスクは少ないと考えられるため、無理に加入する必要はないかもしれません。

それにこのサービスは、月額300円~550円なので、年間だと3,600円~6,600円という料金が別にかかることになります。
費用対効果を考えれば、故障や破損のリスクが少ない場合だと、
費用のほうが高くついてしまうことになるのではないでしょうか。

ネットの解約

また、プロバイダによっては、キャンペーンの特典を受ける条件として
「安心サポート」への加入が必要なケースもあるため注意が必要です。

しかしこの場合は、WiMAXの契約後に、この保証サービスの解約をすることができますし、
解約をしても特典は継続して受けることができるので、必要ない場合はすぐに解約するとよいと言えます。