WiMAXと格安SIMの併用がお得になる人

キャッシュバックキャンペーン

WiMAXと格安SIMの併用が向いている人は、月々のスマホ料金が高い人です。

加えて自宅で光回線を使っていて、WiMAXに切り替えることに不都合がなければ非常におすすめです。この2つを併用することにより、年間の通信費の大きな料金削減へと繋がります。

特に携帯電話を三大キャリアと契約していて、20GBを超えるような大容量プランを使っている人に良い方法です。

Web閲覧やテザリングなどで、毎月通信費を大幅に利用している場合に活用できます。上手くいけば月々2,000〜3,000円ほど節約できるため、年間で3〜4万円もの通信費を浮かせることができます。

格安SIMを提供している会社に契約する際、三大キャリアと解約をしなければなりません。

その際に違約金が発生するケースがほとんどですが、WiMAXと契約する際に
キャッシュバックのプランを利用できる場合もあります。

違約金や契約手数料で2万円前後支払わなければならないものの、新たに契約する際に3万円以上のキャッシュバックがあって、上手く相殺できるケースも少なくありません。

月々の利用料金を比較するのはもちろん、解約および契約の際の料金もしっかり把握して上手に乗り換えるのがポイントです。

併用する際の上手な活用法

単に2つの会社と契約すれば良いのではなく、利用する際にもコツがあります。格安SIMを利用する際、電話機能を中心に使います。

一方WiMAXに関しては、インターネットに接続する際に限定すると良いです。
速度が安定しており、動画サービスなどデータ容量を大幅に使う際にはWiMAXのルーターの方を使うようにしましょう。

電話やメール、メッセージ系アプリは格安SIMを利用します。たとえば格安SIMの会社の1つである楽天モバイルでは、毎月1GBまではデータ容量は無料です。

ちょっとWebサイトを閲覧したい、オンラインの音楽聞き放題サービスを少しだけ聴きたいという場合も、この無料の方を使うという方法も良いでしょう。

うっかりルーターの充電を忘れてしまった日の予備として、利用するという選択肢もあります。

自宅はもちろん、外出先でもWiFiを利用したいのであればWiMAXを利用するのが便利です。端末を2つ分持ち歩くことになりますが、月々の料金が抑えられる上に外出先でも快適にネットを活用できます。

携帯電話の基本料金とパケット代の合計の利用金額が、1ヶ月で6,000円を超えているのであればぜひ導入をおすすめします。

基本料金の格安

プロバイダとの契約でラッキーなことを見極める

利点を考えよう

格安SIMをwimaxで行えるのか、気になる人は少なくありません。結論から言えば組み合わせて使うことはできます。

ただし、全ての格安SIMで利用可能ではないため、事前に種類を確認してから利用することが必要です。

wimaxで格安SIMを利用するメリットとなるのは、割安な価格でネット回線を利用できることと、契約するプロバイダによってキャッシュバックが期待できることといえます。

ルーターの種類に合わせて利用できる格安SIMは異なりますが、情報収集をして適切に利用することで、納得できる価格やセキュリティで利用することが可能です。
wimaxで使用できる物はauの回線を借りている物だけです。

mineo・UQmobile・Fiimoの3つで、これ以外の物の場合動作確認されていないため、慎重に判断しなければなりません。
特にwimaxのルーターとの相性によって全く使えない物もあるため、慎重な判断が必要です。

また、それぞれの回線に対応しているルーターを使わなければ、作動しないことも知られています。自分の持っている物がどのルーターに対応しているのか、確認してから利用して快適な通信をすることが重要です。

デメリットの確認が必要

格安SIMをwimaxで利用するのはメリットが大きいですが、残念ながらいくつかのデメリットがあるため、確認してから利用することが必要です。

利用できるルーターに制限があることはもちろんですが、実は使用している環境により、通信が安定しないことや速度が遅いこともあげられています。

年々企業側の努力で改善されては来ていますが、利用する人が増える時間帯には遅くなったり、安定しないことも多いです。

特に最大500kbpsの契約となっている物もあるため、事前に契約プランの確認や、通信速度や使用する時間帯に関してよく確認してから利用することが必要といえます。

デメリットを考える

それ以外にもルーターのAPN設定が必要となりますので、設定方法を確認し、自分で行わなければなりません。基本的に格安SIMでない場合は自社サーバーに接続できるように自動的に設定されているところが多いですが、格安SIMの場合は自分自身で行わなければならないことが大変だと感じる人もいます。

説明書を見れば難しくはありませんが、説明書を見てもよくわからない人や、短気な人の場合は他の人にやってもらうなどの対処が必要です。wimaxで格安SIMを利用するのは利便性が高いですが、自分に合っているかどうかよく考えてから契約をしましょう。

「SIM」とは?wimaxと一緒に使えるのか?

「SIM」とは固有のID番号を記載されたカードで、スマートフォンなどの機器に入れて使う認識装置です。
wimaxはモバイルルーターを利用した通信回線契約であり、月額定額などの使いやすい料金設定で多くのデーターのやり取りが可能な使いたい放題のプランになります。

補足をすれば条件があり、一定期間にデーターの上限に達すると通信制限が発生して回線速度は遅くなるのです。
現在は3日間の期間に10GBを超過すると上限になり、通信速度が著しく遅くなると企業側はアナウンスしております。

格安SIMはいくつかのマイナスポイントがあるものの、大手キャリアよりも安い月額使用料で携帯電話回線を接続出来るサービスです。
新規参入した会社や大手キャリアの参加が市場に参入しており、大手キャリアの回線を間借りする形で事業展開をしております。

通信速度が遅かったり、サポートが充実していないことなどの代わりに月額使用料が半額やさらに安いなどの金銭的なメリットがあるのです。
wimaxはモバイルルーター接続が可能なプランであり、各種のデジタルガジェットを接続設定して使う無線LANのような役割の機器です。

wimaxに加入していればデーター通信が定額で利用出来るなど、ヘビーユーザーには魅力的な契約になっております。
wimaxはスマートフォンも接続して利用することが出来るのです。

速度制限がかかる

wimaxの魅力について

wimaxは大手キャリアau系で有名なモバイル回線のサービスです。
ルーターで接続が可能なので、自宅でも外出先でも安定した速度でインターネット接続が可能になります。

仕事やプライベートで大きなデーターのやり取りをする場合や、ゲームや動画視聴などが趣味などの場合には通常の回線だけではなく、ルーター回線を持っていると通信速度が安定します。

現在キャリアの回線でも10GBまで利用料が定額などのサービスがありますが、ヘビーユーザーは月間10GBでは不足することも少なくありません。
そのような場合にはモバイル回線のルーターサービスに加入して、インターネットを利用する時には接続先を指定することが必要になります。

定額の使いたい放題ですが一部に上限があり、3日間で10GBを超過すると速度制限が発生してしまうのです。

スマホに接続

使い方によってはルーター契約と、格安SIMを組み合わせるのが最もコストパフォーマンスに優れた使用方法になります。
電話などのサービスはあまり使わなければ、音声のSIMの基本料金とルーターの契約代のランニングコストで済むのです。

さらにデーター通信は使いたい放題なので、インターネットをよく利用する人には検討しても良い組み合わせになります。