WiMAXは、無線で使用するのが一般的ですが、有線で接続することも可能です。
有線で接続することで通信の安定性や速度が高まるというメリットがありますが、
WiMAXを有線で接続する方法はLANケーブルを使用する方法と
USBケーブルを使用する方法の2種類あります。

LANケーブルで接続する場合、ホームルーター機種であれば
背面にLANポートが備わっているので、そのポートにLANケーブルを挿し込み、
もう一方を接続したい機器に挿し込めば有線で接続できます。

しかし、モバイルルーター機種にはLANポートが備わっていないので、
グレードルを使用しなければなりません。

グレードルとはルーターを充電するときなどに使用する台のことで、
グレードルにあるLANポートを利用することで有線接続可能です。

一方のUSBケーブルを使った接続方法は、グレードルは必要ありません。
そのため、グレードルがない機種の場合はUSB接続一択となりますが、
起動したパソコンとWiMAXをUSBケーブルで接続し、
WiMAXがパソコンに検出されれば接続成功です。

回線の接続

なお、LANケーブル、USBケーブルのどちらを利用する場合も、
それぞれの機器に合った規格のケーブルを使用することが大切です。

古い規格の場合、接続自体は可能でも通信速度が低下することもあるため注意が必要です。

有線接続はセキュリティ性の向上にもつながる

WiMAXを無線ではなく有線で接続すると、通信が安定したり
通信速度が向上したりするというメリットが得られますが、
セキュリティ性の向上を図ることもできます。

WiMAXの無線接続では、WPA2やAESといった暗号化技術を使って
通信を行っているため、セキュリティ面で過度な心配は不要です。

しかし、無線接続する場合、一般的に広範囲へ電波を飛ばすことになるため、
例えば自宅で無線接続すると近隣の住宅へSSIDが漏れる可能性があります。

仮に、SSIDが漏れただけでなく、第三者にパスワードを知られてしまうと、
不正利用される恐れがあるとともに、通信を盗聴されたり傍受されたりする可能性も否定できません。

ネットの危険性

どれだけ強固なセキュリティ対策を講じていても、無線通信を行う以上は
一定のリスクを伴うことになりますが、有線で接続すれば他人にSSIDが
漏れることがないので、無線接続よりもセキュリティ性を高めることが可能です。

有線で接続するためには別途ケーブルやグレードルが必要にはなりますが、
利便性とセキュリティ性が向上するので、自宅でWiMAXを利用する場合は
できる限り無線ではなく有線で接続することをおすすめします。