WiMAX+5Gへの乗り換えがお得になるパターンについて

GMOのWiMAX2+を利用しているのであれば、WiMAX+5Gへの乗り換えはお得です。WiMAX2+のプランであるとくとくBBは、乗り換え時に高額キャッシュバックキャンペーンの肝である最大3万円のバックを活用することで、お得に利用できるという訳です。

 

ただこのキャッシュバックは、契約から12ヶ月目に支払われるので時期を間違えないようにしましょう。

 

回線が悪い

手続きを行うのは申し込んだ月を含めて11ヶ月後から12ヶ月目の末日までであり、手続きを完了させることで12〜13ヶ月目に振り込まれます。WiMAX2+ではなく、通常のWiMAXのプランから乗り換えると事務手数料や違約金の関係でお得にならない場合が多いため注意が必要です。

 

BroadやUQなどは、契約してから2年間にわたって縛りが発生しています。25ヶ月目や37ヶ月目(3年)といったように、各社ごとに解約のタイミングが異なるため注意しましょう。

 

現在使用しているのがカシモである方に関しても同様に、25ヶ月目以降の方が違約金も1万円程度に抑えられるため、時期を見て解約・乗り換えるようにするのがポイントです。乗り換え先の候補としては、月額が4,000〜4,500円ほどで抑えられるカシモ・GMO、Visionあたりがおすすめです。

WiMAXの乗り換えの際の注意点

WiMAX+5Gの専用端末へと乗り換える際、注意したい点として挙げられるのが他社違約金負担キャンペーンがない点です。

 

以前はGMO・Broadなどのプロバイダが、他社のWiMAXを解約する時に発生する違約金を肩代わりしてくれるキャンペーンが存在していました。

 

ただこれはWiMAXから2+へと変更する時限定であり、5Gへの切り替え時は使えません。現在の2+を解約する際の違約金に関しては、自己負担になる点をよく覚えておきましょう。

 

なお他社へと乗り換えず機種変更にした場合、プロバイダが定める契約期間がリセットされる点にも注意したいです。多くのプロバイダは基本的に3年であり、UQおよびauだけ2年契約と覚えておけば良いです。

 

また5Gは2+よりも500円ほど料金が値上がりしてしまうものの、その分通信の快適性が大幅に向上するという点も頭に置いておきましょう。

 

ラクラク回線

プラスエリアモードが有料になる可能性がある点も、注目しておきたいポイントです。スタンダードモードでは電波が心許ない時に活躍するモードで、山間部や地下でも繋がる回線を利用しています。

 

繋がりにくい時や旅行に出かけた時に真価を発揮するモードであり、プロバイダによっては無料で提供しているためしっかり調べて契約することが大切です。

 

WiMAXのモバイルルーターについて

WiMAXのモバイルルーターで一押しなのがSpeed Wi-Fi 5G X11です。

 

使いたい放題で3日間で10GBまでの容量があるために、長時間安定して
運用するにはSpeed Wi-Fi 5G X11のような機器が必要になります。

 

下り最大速度2.7Gbpsで上り最大速度183Mbpsと速度も申し分なく使え、
無線LAN2.4GHz/5GHzの帯域に対応しているので自宅のパソコンに対応
させて使うことも可能です。外出先で各種のデジタルガジェットを繋ぎ、
高速でインターネットを利用するのにぴったりの機器になります。

 

ホームルーター

 

スペックは4,000mAhバッテリーを内部に搭載しているために、WiMAXの通信
を約8時間連続稼働させることが可能です。

 

本体重量は174gと軽量になっており、気軽に持ち運んだり胸ポケットなどに
しまっておいても負担にはなりません。デジタル機器を複数運ぶ時には、
こうした軽量性や長時間駆動が重要な評価ポイントになります。

 

WiMAXはエリアによって5Gにも対応しており、追加のエントリープランを
申し込めばサービスを適用されるのです。現在は首都圏などの都市エリアが
中心でありますが、今後は拡大して現在の有線LANよりも速い5Gの通信を利用
出来るようになります。

WiMAXのホームルーターについて

Speed Wi-Fi 5G X11は外出先をメインに使うためのモバイルルーターであり、
自宅でも遜色なく使えることが特長です。

 

Speed Wi-Fi HOME 5G L12はさらにWiMAX規格をホームルーター化するのに
便利な機能を搭載しており、工事不要でWi-Fi6の4ストリーム対応で複数の
機器を同時接続する機能を持っております。

 

またエリアによっては5G対応になり、4Gの約20倍と言う高速の通信を可能
にしてくれるのです。

 

現在主に使用されている無線LAN2.4GHz/5GHzの帯域に対応しており、汎用性の
高い接続が可能になっております。スマホアプリ対応なので簡単に設定を行え
るのも、ユーザーフレンドリーな使用となっているのです。

自宅用無線LAN

 

SIMカードを挿して電源を入れるだけで、すぐにインターネット接続が可能になっております。WPSやQRコード対応であり、4G5GWiMAXに対応しているのが特長です。

 

無線形式だけではなく有線LAN規格1000BASE-Tにも対応しているので、通常の自宅用無線LANのような使い方も出来ます。

 

最大接続は無線形式で20台と、ボリュームのある通信が可能なので小規模
オフィスでも活躍してくれるのです。

WiMAXと5Gの概要について

5Gとは、移動通信システムの第5世代であることを示す「5th Generation」の略称
です。

2019年よりアメリカと韓国にて、2020年より日本の三大キャリアにて運用が開始されました。WiFiルーターや携帯電話・タブレット端末のセルラーモデル、WiMAXに対応しています。

前世代である4Gは、2015年に商用サービスがスタートしました。機能はそのままに、5Gでは大幅にその性能がアップしています。超高速通信が可能であること、大容量のデータのやり取りが容易であることが大きなメリットです。

5GにおけるWiMAXの利点は、スタンダードモードでの利用可能エリアの拡大です。プラスエリアモードとの2つを使い分けられるのが従来のWiMAXのプランですが、使用回線が増えたことによりスタンダード側だけでもより速く安定した通信を実現しています。

さらにプラスエリアモードは前世代の帯域に加えて、700〜800MHzの周波数帯域も増加しました。これにより旅先や、以前の世代では回線の繋がりにくい場所・タイミングであっても快適な高速通信が楽しめるようになっています。

ただプラスエリアモードに関しては、プロバイダによっては有料である場合も
あるため選ぶ際にきちんと確認しておきましょう。

海外も繋がるWiFiルーター

WiMAX 5G対応端末に関して

5GのWiMAXに対応している端末の1つに、モバイルルーターであるGaraxy 5G mobile Wi-Fiが挙げられます。

スマートフォンの人気端末としてもお馴染みである、Garaxyシリーズからの端末です。携帯電話のように大きめのディスプレイが搭載されており、従来の端末と比べて操作が容易です。

1ヶ月の総使用量や3日間の使用量の確認がしやすく、自身のWiMAXの利用方法や傾向が分かりやすくなっています。バッテリー容量もこれまでのモデルとは異なり、5,000mAhにまでアップしています。

屋内専用のホームルーターである、SpeedWi-FiのHOME・5Gに関しても同様に対応端末です。ギャラクシーとは異なり、屋外への持ち出しが不可能であるため注意してください。

家族で繋がる

ただ直接コンセントにさして使用するタイプであり、バッテリー切れの心配をしなくて良い点はメリットと言えます。

同時接続台数に関しては、30台となっています。通常のモバイルルーターと比べて、20台分多く繋げることが可能な点も特筆すべき
ポイントです。

 

家族で使う場合や、それぞれが端末を複数所有している場合において非常に有利なモデルと言えます。

WiMAXと格安SIMの併用がお得になる人

キャッシュバックキャンペーン

WiMAXと格安SIMの併用が向いている人は、月々のスマホ料金が高い人です。

加えて自宅で光回線を使っていて、WiMAXに切り替えることに不都合がなければ非常におすすめです。この2つを併用することにより、年間の通信費の大きな料金削減へと繋がります。

特に携帯電話を三大キャリアと契約していて、20GBを超えるような大容量プランを使っている人に良い方法です。

Web閲覧やテザリングなどで、毎月通信費を大幅に利用している場合に活用できます。上手くいけば月々2,000〜3,000円ほど節約できるため、年間で3〜4万円もの通信費を浮かせることができます。

格安SIMを提供している会社に契約する際、三大キャリアと解約をしなければなりません。

その際に違約金が発生するケースがほとんどですが、WiMAXと契約する際に
キャッシュバックのプランを利用できる場合もあります。

違約金や契約手数料で2万円前後支払わなければならないものの、新たに契約する際に3万円以上のキャッシュバックがあって、上手く相殺できるケースも少なくありません。

月々の利用料金を比較するのはもちろん、解約および契約の際の料金もしっかり把握して上手に乗り換えるのがポイントです。

併用する際の上手な活用法

単に2つの会社と契約すれば良いのではなく、利用する際にもコツがあります。格安SIMを利用する際、電話機能を中心に使います。

一方WiMAXに関しては、インターネットに接続する際に限定すると良いです。
速度が安定しており、動画サービスなどデータ容量を大幅に使う際にはWiMAXのルーターの方を使うようにしましょう。

電話やメール、メッセージ系アプリは格安SIMを利用します。たとえば格安SIMの会社の1つである楽天モバイルでは、毎月1GBまではデータ容量は無料です。

ちょっとWebサイトを閲覧したい、オンラインの音楽聞き放題サービスを少しだけ聴きたいという場合も、この無料の方を使うという方法も良いでしょう。

うっかりルーターの充電を忘れてしまった日の予備として、利用するという選択肢もあります。

自宅はもちろん、外出先でもWiFiを利用したいのであればWiMAXを利用するのが便利です。端末を2つ分持ち歩くことになりますが、月々の料金が抑えられる上に外出先でも快適にネットを活用できます。

携帯電話の基本料金とパケット代の合計の利用金額が、1ヶ月で6,000円を超えているのであればぜひ導入をおすすめします。

基本料金の格安

プロバイダとの契約でラッキーなことを見極める

利点を考えよう

格安SIMをwimaxで行えるのか、気になる人は少なくありません。結論から言えば組み合わせて使うことはできます。

ただし、全ての格安SIMで利用可能ではないため、事前に種類を確認してから利用することが必要です。

wimaxで格安SIMを利用するメリットとなるのは、割安な価格でネット回線を利用できることと、契約するプロバイダによってキャッシュバックが期待できることといえます。

ルーターの種類に合わせて利用できる格安SIMは異なりますが、情報収集をして適切に利用することで、納得できる価格やセキュリティで利用することが可能です。
wimaxで使用できる物はauの回線を借りている物だけです。

mineo・UQmobile・Fiimoの3つで、これ以外の物の場合動作確認されていないため、慎重に判断しなければなりません。
特にwimaxのルーターとの相性によって全く使えない物もあるため、慎重な判断が必要です。

また、それぞれの回線に対応しているルーターを使わなければ、作動しないことも知られています。自分の持っている物がどのルーターに対応しているのか、確認してから利用して快適な通信をすることが重要です。

デメリットの確認が必要

格安SIMをwimaxで利用するのはメリットが大きいですが、残念ながらいくつかのデメリットがあるため、確認してから利用することが必要です。

利用できるルーターに制限があることはもちろんですが、実は使用している環境により、通信が安定しないことや速度が遅いこともあげられています。

年々企業側の努力で改善されては来ていますが、利用する人が増える時間帯には遅くなったり、安定しないことも多いです。

特に最大500kbpsの契約となっている物もあるため、事前に契約プランの確認や、通信速度や使用する時間帯に関してよく確認してから利用することが必要といえます。

デメリットを考える

それ以外にもルーターのAPN設定が必要となりますので、設定方法を確認し、自分で行わなければなりません。基本的に格安SIMでない場合は自社サーバーに接続できるように自動的に設定されているところが多いですが、格安SIMの場合は自分自身で行わなければならないことが大変だと感じる人もいます。

説明書を見れば難しくはありませんが、説明書を見てもよくわからない人や、短気な人の場合は他の人にやってもらうなどの対処が必要です。wimaxで格安SIMを利用するのは利便性が高いですが、自分に合っているかどうかよく考えてから契約をしましょう。

「SIM」とは?wimaxと一緒に使えるのか?

「SIM」とは固有のID番号を記載されたカードで、スマートフォンなどの機器に入れて使う認識装置です。
wimaxはモバイルルーターを利用した通信回線契約であり、月額定額などの使いやすい料金設定で多くのデーターのやり取りが可能な使いたい放題のプランになります。

補足をすれば条件があり、一定期間にデーターの上限に達すると通信制限が発生して回線速度は遅くなるのです。
現在は3日間の期間に10GBを超過すると上限になり、通信速度が著しく遅くなると企業側はアナウンスしております。

格安SIMはいくつかのマイナスポイントがあるものの、大手キャリアよりも安い月額使用料で携帯電話回線を接続出来るサービスです。
新規参入した会社や大手キャリアの参加が市場に参入しており、大手キャリアの回線を間借りする形で事業展開をしております。

通信速度が遅かったり、サポートが充実していないことなどの代わりに月額使用料が半額やさらに安いなどの金銭的なメリットがあるのです。
wimaxはモバイルルーター接続が可能なプランであり、各種のデジタルガジェットを接続設定して使う無線LANのような役割の機器です。

wimaxに加入していればデーター通信が定額で利用出来るなど、ヘビーユーザーには魅力的な契約になっております。
wimaxはスマートフォンも接続して利用することが出来るのです。

速度制限がかかる

wimaxの魅力について

wimaxは大手キャリアau系で有名なモバイル回線のサービスです。
ルーターで接続が可能なので、自宅でも外出先でも安定した速度でインターネット接続が可能になります。

仕事やプライベートで大きなデーターのやり取りをする場合や、ゲームや動画視聴などが趣味などの場合には通常の回線だけではなく、ルーター回線を持っていると通信速度が安定します。

現在キャリアの回線でも10GBまで利用料が定額などのサービスがありますが、ヘビーユーザーは月間10GBでは不足することも少なくありません。
そのような場合にはモバイル回線のルーターサービスに加入して、インターネットを利用する時には接続先を指定することが必要になります。

定額の使いたい放題ですが一部に上限があり、3日間で10GBを超過すると速度制限が発生してしまうのです。

スマホに接続

使い方によってはルーター契約と、格安SIMを組み合わせるのが最もコストパフォーマンスに優れた使用方法になります。
電話などのサービスはあまり使わなければ、音声のSIMの基本料金とルーターの契約代のランニングコストで済むのです。

さらにデーター通信は使いたい放題なので、インターネットをよく利用する人には検討しても良い組み合わせになります。

定額モバイル回線のwimaxについて

WiMaxの回線について

wimaxは定額のモバイル通信回線であり、3日間で10GBまで使える大容量のデータ通信になります。

実質的な上限に達すると速度が遅くなりますが、時間が経過するとまた元の状態に戻ることが特徴です。

周波数帯域は通常の4Gと同じであり5GHzや2.4GHzの周波数を使っております。
混雑度によっては速度の変化が大きく、データー容量の理論値よりも低い速度になってしまうのです。

屋内の電波状況が弱い場所ではつながりにくいと言われておりますが、ホーム
ルーターなどを使うことで安定して接続をすることが可能になります。

逆にエリアによっては5G対応などもあり、従来のプランに課金することで4Gの
約20倍の通信速度でインターネットを利用することが出来るのです。

wimaxは自宅で有線LANが使えないなど、光回線がない場所でも同等の通信を実現
するためのモバイル回線を提供する目的で事業が行われております。

さらにこれからの5Gエリアの拡大などを見据えて、会員数を増加させていっているのです。wimaxは5Gだけではなく6Gなどの、さらに進化したモバイル通信にも対応してゆくことが発表されております。大手キャリアの傘下だけあって、意欲的な事業展開をしているのです。

wimaxならばエリアをチェックするのがおすすめ

wimaxの一番の利点と言えば、モバイル通信回線でも速度が高く安定していることです。とくにプラスエリアモードなどでは、通常の4Gよりも速い速度を体験出来ます。

首都圏などでは4Gを越えた5Gの回線対応がされており、場合によっては有線LANよりも速いスピードでインターネットを楽しむことが出来るのです。

プラチナバンドはMVNO回線と大手キャリア回線の周波数帯を使えるサービスになります。繋がりにくい時間帯や場所でも、二つの帯域で接続を試すことが出来るので安定感が高いことが特徴です。プラチナバンド以外のエリア場所では、従来の接続のみが対応します。

wimaxを使うのならばこうした受信エリアのチェックを事前にしておくことがおすすめです。5G回線でサクサクとインターネット環境を使いたいと思っていても、電波が届かない地域に住んでいては意味がありません。せっかくの大容量通信も使えないからです。

また、場所によってはプラスエリアモードに該当し、通常の3割増しなどの速度を着たい出来ます。プロバイダが現在のエリア情報を公表しているので、エリアに住んでいたり職場があるなどを把握して乗り換えをすれば満足のゆく使用感を感じられるのです。

WiMaxの通信回線

これからのモバイル回線と注目の通信サービス

各種の有線インターネットサービスは近年光ファイバー化が進み、
以前に比べて大容量の通信をスピード感を持って行えるようになりました。

コンテンツも充実してきており、最新の映画をインターネットでレンタルして視聴する流れも定着し、遅延もほとんど発生しません。

ネットで動画を観る

さらに回線の向上を目指した契約もあり、通常の使用ならば
ストレスを感じずに利用が出来るレベルまで通信環境は上昇しております。

無線のモバイル回線も話題になっており5Gなどの新しい技術がエリア限定で導入されたり、
もう一段階レベルの上がった6Gなどもすでに試験運用されているなど
有線に負けない進化をしているのがモバイル回線の特徴です。

これから先は使い分けで通信プランを考える時代になりました。
集合住宅などはLANの設備がされていないことも少なくなく、
工事許可もおりないことも珍しくはありません。

その場合にはスマートフォンなどのキャリア回線を使うのが一般的ですが、
現在は前述したようなモバイルの通信回線でルーター契約をすることも一般的になりました。

代表例が大手のキャリア子会社が展開するwimaxなどになり、
安定した速度で使いたい放題のプランが人気になっております。

WiMAX +5Gのホームルーター化

wimaxは大手キャリア子会社のモバイル通信契約の一種で、
MVNOとしてルーター接続のサービスを展開しております。

スマートフォン接続よりも大容量の通信が可能であり、
スマートフォン側からの設定をすればルーターと接続して
安定した通信を行うことが出来るのです。

ゲームをしたり動画を視聴する機会が多いならば、こうしたルーター契約を結べば
安定した速度で利用が可能なだけではなく、通信費の節約になるケースも少なくありません。

通信費の節約

wimaxにはさらに上位グレードのWiMAX +5Gがあり、話題の5G回線を使い
有線に迫る速度でデーター通信が可能になります。

地域による制限などがありますが、対応エリアは順次拡大されていっているのです。
対応したエリアならばWiMAX +5Gを使えば、ホームルーターとしても
使えるだけの性能をモバイルルーターで享受することが可能になります。

現在はパソコンとモバイル機器を併用している人は多くおりますが、
これからの時代はモバイルシステムの方に注力されることが予想されているのです。

仕事用にはモバイルパソコンなどを使い、プレゼンなどではタブレットを使います。
現在よりもシームレスでインターネット環境が整うので、クラウドを活用しながら仕事の幅も広がるのです。

加入したほうがいい人は

WiMAXの「安心サポート」は、機器が故障した際に無償で修理をしてくれる保証のことであり、
故障時の自己負担金(1万円~2万円程度)を負担しなくて済みます。

料金はプロバイダごとに違っており、月額300円~550円となっています。
そして加入は、WiMAXの申し込み時のみとなっていますが、途中で解約することも可能です。

通信費用がかかる

加入したほうがいい人は、「水濡れの故障や落下による破損の心配がある人」だと言えます。
WiMAXを持ち運んで、頻繁に取り出すことがある場合は、故障や破損をさせてしまうリスクが高くなります。

特に子どもに持たせる場合は、うっかり落としてしまうことも多くなると考えられるので、
加入しておいたほうがいいかもしれません。

さらに、このサービスは「メーカー保証の期間後も安心して使いたい人」にもおすすめです。
WiMAXには1年間のメーカー保証があるため、機器の内部故障であれば保証を受けることができます。

しかし期間を過ぎた後や、内部故障以外の場合は保証を受けることが出来ません。
ですので、期間に関係なくより充実した保証を受けたい場合は、有料であったとしても
このサービスに加入しておいたほうが何かと安心できるのではないでしょうか。

加入する必要がない人は

WiMAXの「安心サポート」に加入する必要がない人は、「特に壊してしまうような使い方をしない人」です。
携帯型のモバイルWi-Fiルーターは、一般的にスマートフォンのように頻繁に取り出して使うものではありません。

持ち運ぶ場合でも、電波が受信できればいいだけので、カバンの中などに入れたまま使うケースが多いのではないでしょうか。
こうした普通の使い方をするのであれば、WiMAXが壊れるリスクは少ないと考えられるため、無理に加入する必要はないかもしれません。

それにこのサービスは、月額300円~550円なので、年間だと3,600円~6,600円という料金が別にかかることになります。
費用対効果を考えれば、故障や破損のリスクが少ない場合だと、
費用のほうが高くついてしまうことになるのではないでしょうか。

ネットの解約

また、プロバイダによっては、キャンペーンの特典を受ける条件として
「安心サポート」への加入が必要なケースもあるため注意が必要です。

しかしこの場合は、WiMAXの契約後に、この保証サービスの解約をすることができますし、
解約をしても特典は継続して受けることができるので、必要ない場合はすぐに解約するとよいと言えます。